BOLBOP

About Us 代表メッセージ

Bring Ownership of Life Back to its Original Place

2013年3月11日、BOLBOPはこの理念を掲げて設立されました。

東日本大震災をきっかけに集まった創業メンバーを中心に、従来の様々な価値観が揺さぶられるこの時代に人はどうやって幸せに生きていけるのか、という大きな問題意識を持って立ち上がった会社です。

理念を直訳すると「人生の所有権を元ある場所に戻す」という意味ですが、一人一人が自分なりの幸せを目指して自らの人生を自覚的に選び取っていく、という想いが込められています。これは被災地での活動を通じて、復興や人の幸せとは決して人から与えられるものではなく、自分にとっての幸せを一人一人が決めていくことでしか得られないということに気づいたからです。

一方で、人は一人では生きられません。ハーバード成人発達研究が75年の研究の成果として導いた大切な事実は、「良い人間関係が人の幸福と健康を高める」ということでした。
「人生の所有権を元ある場所に戻す」という事の真の意味は、「自分が誰との(何との)関係性の中で生きていくのかを自ら選んでいく」ということではないでしょうか。

BOLBOPは良好な人間関係を構築するだけで人は経済的にも自立できるのか?という大いなる問いにもチャレンジします。
国や起業を中心に構築された顔の見えにくい経済システムの中だけで生きるのではなく、自らの意志で選び取った顔の見える関係性の中で経済的にも自立できるような個人を起点にした新しいエコシステムを創造することが、21世紀を人が幸せに生きる為の希望になるのではないかと我々は考えています。

BOLBOPではメンバー一人一人が自らを起点にしたエコシステム創りにチャレンジしつつ、エコシステムデザイナーとしてその考え方を企業や地域にまで拡げていくことを通じて、「あの時代にあって良かった」と未来から語られるチームとなることを目指します。

代表取締役社長CED 茂木 崇史

PAGE TOP