BOLBOP

About Us メンバー紹介

  • 茂木 崇史
  • 木村 共宏
  • 辻 正太
  • 吉田 拓
  • 松本 由利子
  • 中川 絹子
  • 加藤繭子
  • 酒井 穣
  • 松島 宏佑
  • 清水 隼人
  • 新井 一平

代表取締役社長CED 茂木 崇史

東京大学経済学部卒業。マッキンゼーアンドカンパニーに勤務後、株式会社リンクアンドモチベーション(東証一部上場)にて、ブランドマネジメント事業部執行役などを歴任。その後、東日本大震災をきっかけに2012年に独立。
気仙沼に一般社団法人まちの誇りを設立し、復興に向けて地域や世代を超えたコミュニティを創造する活動を行う。
人を起点にした地域活性事業を継続的に行うべく、2013年に株式会社BOLBOPを設立。

  • Facebook

執行役員COO&CAO 木村 共宏

東京大学工学部卒業。三井物産株式会社に入社。18年に亘りITビジネス、船舶輸出ビジネス、並びに人事業務に従事。2015年よりBOLBOPに参画。三井物産採用チームリーダー時の縁から2009年より鯖江市地域活性化プランコンテストのアドバイザーを務め、2016年より同市地域おこし協力隊に就任。地方創生活動と企業顧問・コンサルティングの二足のわらじを履く。

  • Facebook

津軽ワークス事業部長 辻 正太

1982年、奈良県吉野生まれ。東京大学教育学部卒業。専攻は身体教育学。体育教師として中高一貫校に11年間勤務。熱い毎日を送る一方で、学校の中だけで子供たちを育てきることの限界を感じはじめる。21世紀を生き抜く子供たちと大人がともに学び合う、新しい学校の形を模索して2016年4月BOLBOP に参画。KAIGO LAB の編集と執筆をする傍ら、2017年4月、青森県弘前市に「コラーニングスペースHLS弘前」を設立。この場所を起点に、多くの人が、自ら未来を切り拓く勇気の火を灯し(Heart Lighting )、共にその可能性を追求していくことを目指している。

  • Facebook
  • Twitter

プロダクトディレクター吉田 拓

東北大学理学部物理学科卒業。フリービット株式会社に入社。モバイル事業の立ち上げに従事し、プロダクト開発・生産管理・販売・店舗マネジメントを行う。その後イスラエル・シンガポールにて事業立ち上げを学び、2017年にBOLBOPに参画。現在、複数社の経営を行うと共に、BOLBOPでは新規事業立ち上げ・プロダクト開発をメインに担当している。

  • Facebook

海外事業部 松本 由利子

一橋大学社会学部卒業。エジンバラ大学院地球環境学部修士号取得。大学在籍中にウガンダに1年留学し、卒業後は青年海外協力隊にてザンビアへ派遣。その後はJICA専門家として東南アジア、アフリカ地域の国際協力プロジェクトに従事。
東日本大震災後に東北で復興支援活動に携わっていた際にBOLBOPと出会い、2014年に入社。直近ではボスニア・ヘルツェゴビナで道の駅モデル作りに関わり、現在はザンビアを拠点に活動中。

  • Facebook

中川 絹子

Comming Soon...

デザイナー 加藤 繭子

東京都出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。デザイン制作会社で紙媒体のデザイナーとして3年半経験を積んだ後、WEB業界へ転身。6年に渡り幅広い業種のホームページやECサイトの制作・運営に携わる。 出産を機にこれからの働き方や生き方を模索する中、縁あってBOLBOPに出会う。社名の由来でもある、「Bring Ownership of Life Back to its Original Place.」という言葉に感銘を受け、2015年に参画。現在は育児と仕事の両立に日々奔走している。

エグゼクティブフェロー 酒井 穣

慶應義塾大学理工学部卒業、オランダ Tilburg 大学 MBA 首席卒業。商社勤務後オランダに渡り、オランダにて約9年間を過ごす。2009年に帰国しフリービット株式会社(東証一部上場)に参画、取締役就任。 著書は『はじめての課長の教科書』など多数。新潟薬科大学・客員教授。NPOカタリバ理事。誰もが自分らしく生きられる社会の実現を目指し、2013 年に株式会社BOLBOPを設立。
2017年、BOLBOPの新事業開発部門を分社化する形で、株式会社steekstokを設立し、代表に就任。

  • Facebook
  • Twitter

プロジェクトパートナー 松島 宏佑

宮城県白石市出身。物理学科卒業後、島根県にある離島、海士町に移住。現地のベンチャー企業、株式会社巡の環にて企業向け教育関連事業に従事。東日本大震災を機に宮城県へ戻り、被災地域のコミュニティー支援や人材育成事業を行うNPOを設立。その後代表を退任し、BOLBOPで3年間活動し、独立。ライフテーマは「いのち」。「すべての命が、人が、生き物が、地球が、命を感じあう世界」を届けるために、コンセプトデザイナーとして活動中。

  • Facebook

プロジェクトパートナー 清水 隼人

東京都出身。高校3年から国内、海外でスノーボード三昧の生活する。家業で楽天市場出店をきっかけに、WEBの世界へ。その後、WEB広告代理店へ転職。2011年、東日本大震災の1週間後、実家のトラックで物資運搬を機に退職、気仙沼に3年ほど滞在。一般社団法人と合同会社を現地で設立。気仙沼で茂木との出会いをきっかけに2014年よりBOLBOPに参画し、現在はプロジェクト単位でWEBマーケティングやフロントエンジニアとして、共に活動している。

プロジェクトパートナー 新井 一平

静岡県三島市出身。2012年より2年間バウムクーヘン屋の店長経験後、BOLBOPに参画し、WEBコンサルティングを担当。その後、2015年10月に独立し、地域のものづくりに携わる中小企業を中心に、WEBマーケティングやWEB制作を行う「株式会社瞬(マタタキ)」の代表となる。WEB業以外には、日本のものづくりの持続可能な状態を目指すべく、農家や陶芸家など共に、食のイベントを開催し、消費者と生産者の距離を縮める活動を行う。「消費者から仲間、そして家族へ」をスローガンに日々奮闘中。

前へ

次へ

閉じる

PAGE TOP